◆◆ Geoffrey Rush Star Site Topic ◆◆

**** Geoffrey Rush に関する話題、ニュース以外にお知らせしたい長めの記事・画像など、こちらでご紹介します!
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ■■■ 動 画 リンク集 _1 ■■■ | main | Geoffreyとワンちゃん >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
Save the Regentー キャンペーンにGeoffrey参加
Geoffreyは、自国オーストラリア、特に居住地域のメルボルンの、乱開発からの環境保護、貴重な遺産的建築物の保護に積極的な活動をおこなっていることは以前から知られていますが、この度、新たな「遺産建築物保護」活動に名乗りを上げたようです。

「Rush slams Regent demolition」
オーストラリア俳優のジェフリー・ラッシュは歴史的な遺産であるRegent Theatreが取り壊される計画であることに対し、激しく非難しました。
『もし、この遺産を守るために行動を取らなければ、クィーンストリートMallは、アッという間に「レゴヴィレッジ」のような悲惨なことになってしまうだろう』と、警告も発した。
Regent Theatre 
1929 にメルボルンに建設された歴史的な美しい様式の劇場。National Trust of Australia(オーストラリア自然環境保護団体)により保護の必要性をリストアップされている。
ジェフリーは、地域の利権と買収による開発の魔の手で、閉鎖&取り壊しが計画されているこの遺産価値のある劇場建物を、その破壊と、目先しか考えない無能な計画の新開発ビルディングの建設から守ろうと、反対運動活動団体に名を連ね、コメントを発したようです。

≪記事訳≫
オーストラリア俳優のジェフリー・ラッシュは歴史的な遺産であるRegent Theatreが取り壊される計画であることに対し、激しく非難しました。
もし、この遺産を守るために行動を取らなければ、クィーンストリートMallは、アッという間に「レゴ村」のような悲惨なことになってしまうだろうと、警告も発した。

 怒りを表明するしている地元地域民と遺産問題活動家は、プランについて異議を申し立てるために2つのFacebookグループとウェブサイトを創設しました。
何千人もの地元住民が彼らをサポートすることを誓約しました、
そして、現在のオーストラリアの最も名高い俳優のひとりが、彼の名前を上げてこの活動を表明したことは、多くの誓約者を得る原因となりました。
 Rush氏、アカデミー賞主演男優賞を得たShineで知られる一連の国際的な映画界に於ける成功したスターは、----
”リージェンツ遺産の玄関部分と正面部分は残す”とする開発者の計画は、「見せかけだけの態度」である、と語りました。
 彼は、クイーン・ストリートMallが「ユニークな輝き」を失う危険に直面しており、
たちまちレゴビレッジか「<目先だけの軽薄な考えしかない人間の未来>的な愚か者達の商店街モール」かと、間違えられてしまう物になる可能性がある、と警告した。
 「私たちは、私たちの都市の特性をあまりに日常的に管理しようとする、その最も腐敗した、ワイロ・買収などの欲得な考えに、挑み、断固拒まなければいけない。
私たちはこの建物を守るために非常に一生懸命戦わなければなりません。」
とラッシュは語る。
 Regent Theatreは、1920年代の終わりに建てられて、何10年間もの長きに渡り常連客を楽しませていますが、今にも、都市開発の為に閉鎖されようとしています。

キャンベル・ニューマン市長も、Regentの閉鎖案に反対を表明した。
そして、「労働党」党首で市長候補グレッグ・ラウエルも、この開発に異議申立てを始めました。環境問題を重視の「緑の党」もまた、この破壊プランに反対します。
 Rushさんは、Regentへの本当の損害は、1978年に既に始まっていたと言いました。(その時、壮大な講堂は、壊されて、4つの映画シアターに取り替えられました)。
「だが、その“機転”の下に彼等が私たちに僅かに残した物は、彼等(利権私欲優先の開発促進政治家が)"如何に寛大で、どれだけずるく、いかに住民を思い通りに操るか、また、どれだけ恩着せがましい態度を取るか、"と、いうことだけだった」
彼は、「Save the Regent=Regent保護」活動家達に、彼等の声を計画派に届かせ、買収提案されたオフィスビルを、「無味乾燥な企業コンクリート柱」と、名付けよう、と訴えた。
Mutliplex(開発企業)は、先週、この反対運動に対して、彼等の計画を擁護し、Regentの再開発は、更に新たな目的を持った建物になるものだ、と述べた。

「Save the Regent!」Regent劇場を救え!

======
ジェフリーたち「Save the Regent=Regent保護」活動家達の訴えが届き、
この由緒有る遺産的建築物が保護され取り壊しが中止になりますように。

ここのところ、メルボルンでは、都市開発の計画が推し進められ、どんどん高層ビルの建設が進み、金儲けのためだけの企画になっていき、結果はコンクリートジャングル化。
日本でも同じですが、その殆どは、必要のない、私欲を増やしたいだけの企業家と政治力の癒着による、「開発」とは名ばかりの「環境汚染」と「自然破壊」と「遺産建造物の破壊」。ジェフリーはこういった問題にかなり表だって関わって活動されています。
| ragsaicat | ジェフリーニュース・画像 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |